借入できる目安額とは|海外プリペイドカードさえあれば数々の国を渡れる

海外プリペイドカードさえあれば数々の国を渡れる

貯金箱

借入できる目安額とは

財布

初回は少額からスタート

消費者金融や銀行のカードローンの商品内容を見ると、最高800万円までOKなどと記載されています。自動車ローンにも匹敵する高額対応ですが、金融機関が設定する限度額と借り手側の借入限度額には隔たりがあります。初回融資は少額スタートが当たり前であり、20万円や10万円という方もいるのです。安定収入を得ていれば100万円も大丈夫と考える方は多いでしょうが、初回融資というのは金融機関側もリスクを感じます。借り手がどのような人なのか、しっかりと返済してくれるのか判断できませんから、少額からお試しとなるわけです。5年後は増額融資を受けて100万円の借入が可能かもしれませんが、初回は借入限度額が50万円以下になると考えておくべきでしょう。

総量規制も知っておこう

消費者金融のカードローンは、総量規制によって借入限度額が変わってきます。貸金業法が改正されたことで、カードローンから借りられる金額は年収の3分の1以内となりました。50万円を借りたいならば、最低でも150万円以上の年収を得ている必要があるのです。総量規制はサラ金や街金、クレジットカードのキャッシングなども対象となり、対象外となるのは銀行や信用金庫、JAなどです。ただ総量規制対象外だから、借入限度額が必ずしも大きくなるとは限らず、最初は10万円などの少額から融資が始まることもあります。カードローンは大口ローンではないので、高額を借りるには適していないのです。借入限度額の満額まで借りようとせず、最小限に抑えておくのが賢く借りるコツです。